【米国株運用報告 vol.47 2022年4月】評価額が過去最高値に。

市場概況

2022年4月は相場全体として相変わらずボラティリティが高い状態が続き、方向感としては日米ともに下落基調が目立つ月となりました。

また、ドル円の為替レートに関してはほぼ一方的に円安が進み、ドル建て資産を多く持つ人の円建て資産額は増加していると思われます。

ただ2022年4月は個人投資家の株式の投げ売りが進んでいるという見方もあり、相場全体としては悪い雰囲気でした。

いいニュースとしては、この数ヶ月間にわたって市場に恐怖感を与えてきたロシアとウクライナの戦争が市場に与えるインパクトは減少してきており、我々としてはありがたいところです。

ポートフォリオの状況

では、2022年4月末の資産状況です。

3月から保有銘柄に変動はありませんでした。株式の評価額は70,176.67ドル、現金は34.30ドルです。

保有割合は下の通りです。

3月末の資産残高は67,422ドルでしたが、この4月末時点では70,210ドルと2,788ドルほど資産が増加しています。

ただし、この4月は日本円で20万円をドルに両替し、1,550ドルほど元本を追加していますので、実質的な増加額は1,240ドルほどになるかと思います。

円建てで計算しますと、1ドル129円79銭として9,112,556円となり、3月末の8,245,710円と比較して86万円ほど、パーセンテージで表すと10.5%ほど評価額が増加した計算になります。(増加分のうち200,000円は元本を追加した分です。)

投資元本は520万円、利益率は75.2%の計算になりました。

取引状況

2022年4月は買い付けのみ行いました。売却によるキャピタルゲインの確定はゼロです。

買い付けを行ったのは主にペプシコで3月末時点で16株の保有でしたが4月に9株ほど追加購入を行い合計25株になりました。

その他、このところ調子の悪いユニリーバとベライゾンコミュニケーションズについても1~2株ほど購入しています。

受け取り配当の状況

2022年4月はペプシコから8.51ドル、コカコーラから42.31ドル、フィリップモリスから81.32ドル、合計132.14ドルを受け取りました。

受け取り配当は4月に入金した20万円の資金と合わせて主にペプシコの追加買い付けに使われました。

2022年5月の方針

特に方針変更をするつもりはありません。基本方針としては上がっても下がってもホールドです。

現在ペプシコの買い付けを進めているところですので、配当金の入金などで資金に余力が出れば粛々と買い付けていくのみです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

【米国株運用報告 vol.46 2022年3月】ドル建てでは減少。円建てでは増加。

※ 毎月の米国株の運用状況の報告について、表題と構成を変更いたします。

市場概況

2022年3月は、全月24日のロシアによるウクライナ侵攻を受けて非常にボラティリティが激しいものとなりました。しかしながら市場の方向性としては、3月9日あたりを境に株価の急落は落ち着き、逆に株価が回復傾向になりました。

ロシアによるウクライナ侵攻は、ロシアが迅速にキエフを陥落させることができず戦線が膠着してしまい、長期化が予想され、またロシアが軍を削減するという情報も流れていますが、油断させておいて一気にひっくり返すのはロシアの得意技なので、警戒が必要だと思います。

これらの戦乱を受け、原油価格が高騰した上、円安もかなり進みました。我々米国株に投資している者にとって円安は悪いことではないのですが、ここまで急速に円安が進むことは望ましくはありません。

ポートフォリオの状況

では、2022年3月末の資産状況です。

ご覧の9銘柄で構成されています。保有割合は以下の通りです。

米国株の保有割合2022.03

前月末の株式評価額は合計で68,358.81ドルでしたが、今月はその水準から1,000ドル近く下落し67,422ドルとなりました。評価額減少の要因としては、ロシアによるウクライナ侵攻を受けた株価の急落の影響を大きく受けたためです。

なお円建てでは円安がかなり進行したため、評価額は8,245,710円となり、前月より367,726円の増加となっています。投資元本は5,000,000円ですので、利益率は64.91%にもなりました。

取引状況

2022年3月はエクソンモービルが高値水準になり、含み益が60%を超えたため、何回かに分けて売却を進めるなどした結果、111株から93株に減少しました。

一方でユニリーバは株価が暴落したため、株価が下がるたびに機械的に追加購入していった結果、158株から173株に増加しました。

また現在買い進めているペプシコの株数も5株増加し11株から16株になりました。

受け取り配当の状況

2022年3月はエクソンモービルから70.07ドル、ユニリーバから61.37ドルの合計130.65ドルの手取りとなりました。ユニリーバは英国籍企業でニューヨーク市場にはADRとして上場しているため、配当にかかる税率はアメリカではなくイギリスのものが適用されるため、実質的に日本株と同じ20.315%の税率です。

受け取り配当はペプシコの購入や評価額の低い銘柄の買い付けに回します。

2022年4月の方針

まず相場の予想は非常に困難です。しかも今回はウクライナにおける戦役が進行している以上、予想は不可能です。

ですので、実行する方針はただ一つです。基本的に何もしないことです。ただし2022年3月のように特定の銘柄が極端に高騰した場合は利益を確定し、評価額が低い銘柄の追加購入を行います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株参入45か月目のポートフォリオと結果を報告。ロシアのウクライナ侵攻により大損害。

2018年5月末に米国株に参入してから45か月が過ぎました。2022年2月の米国株式相場は、基調として調子が良くなく、さらに月末にはロシアがウクライナへ侵攻するという大事件が発生。全世界の株価が暴落しました。何はともあれ2月末時点の米国株の内訳を見ていきましょう。

  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ +1,476.06ドル
  • コカ・コーラ  +1,968.22ドル
  • アルトリア・グループ  +555.65ドル
  • 【新規】ペプシコ -41.03ドル
  • プロクター&ギャンブル  +2,305.92ドル
  • フィリップ・モリス +2,197.93ドル
  • ユニリーバ -821.47ドル
  • ベライゾン・コミュニケーションズ -408.61ドル
  • エクソンモービル +2,698.90ドル

株式の未確定益は差し引きで+9,930.87ドルとなりました。株式の評価額は68,358.81ドルです。また、現金の残高は8.67ドル、株式と合わせると68,367.48ドルとなり、円建てだと1ドル115.23円として、7,877,984円(前月:7,623,016円)でした。この1か月に入金した額は20万円。投資元本は500万円で、現時点で+2,877,984円、57.56%の利益率です。

残高を円グラフにしてみましょう。

2022年2月は、ペプシコを新たにポートフォリオに迎え入れました。まだ他の銘柄に対する割合は僅かですが、重点的に買い進めていく予定です。他の銘柄に関しては、2月中旬までは非常に成績が良かったのですが、ロシアのウクライナへの侵攻により全てがおじゃんになってしまいました。

また、2月は投資元本を20万円ほど追加しています。

受け取り配当ですが、プロクター&ギャンブルから31.22ドル、ブリティッシュアメリカンタバコから115.34ドル、ベライゾンコミュニケーションズから64.28ドルの合計210.84ドルを受領しました。これらはペプシコなどの銘柄の買い付け資金に回されました。

3月の展望としては、悲観視しています。あり得る損失の程度としては、ロシアのウクライナ侵攻前の資産額に対して、今後数週間で10%、数ヶ月で20~30%の減少を想定しています。また、これらの予想とは別に、最悪の場合、元本割れ状態に突入することも考えておく必要がありそうです。

皆様の幸運を祈っています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村