エアバリエOp.89-3(ベッリーニの主題による)練習記01 譜読みスタート

先日、エアバリエOp.89-1(パチーニの主題による)が終わりましたので、今度はまだ取り組んでいない、3,4,5番から選択することになりました。

今年は新曲を始める際にYouTubeでどんな曲なのかを聴かないようにしています。

なので譜面を見て選ぶわけですが、今度の曲は重音が多くて面倒臭そうな3番『ベッリーニの主題による』に取り組みことにしました。

ちなみにダンクラのエアバリエOp.89を構成する各曲については先日のブログ記事にまとめてありますので、覗いて見てください。

ベッリーニって誰?

まず最初に、ベッリーニってどんな人?ってことですよね。

フルネームはヴィンチェンツォ・サルヴァトーレ・カルメーロ・フランチェスコ・ベッリーニだそうです。(Wikipedia調べ)それにしても長い…。一般にはファーストネームとラストネームでヴィンチェンツォ・ベッリーニと呼ぶみたいです。

彼はイタリアの南端にあるシチリア島出身の作曲家だそうです。昔のイタリアの紙幣に肖像画が描かれていたそうなので大物です。しかし早死にしたみたいで活動が1820年代から1835年までにほぼ限られるようです。

表記揺れで「ベルリーニ」と書くこともあるみたいです。

原曲は?

小一時間ぐらい調べましたが、不明です。

割と単純な旋律なのですぐに見つかると思ったのですが、全然見つかりませんでした。

一通り譜読み。

この曲は次のような順番の構造になっています。

  1. 前奏
  2. 主題
  3. 変奏I
  4. 変奏Ⅱ
  5. コーダ

エアバリエの6曲の最も標準的な構成だと思います。

模範演奏はYouTubeにありました。

前奏

バイオリンの入りが2小節2拍目の裏拍で32分音符。これ伴奏入ったら合わせられるかな?

前奏の最後にあるアドリブ部分で第7ポジションまで出てきますね。

主題

それほど難しくない。ただ『新しいヴァイオリン教本』の譜面だと入りが第3ポジションで少ししたら第1ポジションに降りる書き方。E線を避けているのかな?

難しいのはフレーズの最後に出てくる独特のリズムの部分だけですね。でも運指は難しくないです。

変奏I

リコシェという奏法が出てきます。まあスピッカートの親戚みたいなものですかね。この曲の場合4つの音を1弓でスタッカートさせながら弾くことになります。

ただ幸いにも同じ音を飛ばすだけなので左手はあまり気にしなくてよさそうです。

変奏Ⅱ

この曲のハイライトだと思われます。

出だしでいきなり三重音が2つです。開放弦を使えるのでまだマシですが。

それをクリアすると、次は人工ハーモニクス。これは難しいです。この奏法はモンティのチャールダーシュで使われていて割と有名ですが、正確な位置に左手の指を置かないと音が鳴りません。1mmでもずれたら「死にたい……」となること間違いなし。しかも直後に三重音5連発が控えています。

コーダ

見た目は譜面が黒いけど、実は極端に難しいわけではないですね。重音が多いですが、おおむね開放弦が使えます。

75小節目の重音のパターンは同じエアバリエOp.89の6番『メルカダンテの主題』の時に全く同じ音形を経験していたのでラッキーでした。

発表会に使えそう

そろそろ発表会もありそうだし、ちょうどこの曲が出来上がるであろう時期と重なりそうなので、この曲をやろうかと思っています。

レッスンノートの書き方

【音楽レッスン】レッスンノートを書く意義とレッスンノートの書き方(応用編)

半年ほど前に下の記事を書いたところ、アクセスが増えました。

この記事を書いた後、自分のレッスンノートの書き方がアップデートされてきました。ただ、レッスンノートというものを書く習慣のない場合、ハードルが高くなりそうな感じがしましたので、以前の記事は「基本編」ということにして、今回は応用編という位置付けで記事を書きたいと思います。

ポイント:レッスン後のノートを詳細にする

前の「基本編」と違うのは、「レッスンの後に書く記録」の中身です。

具体的には、ノートに残す情報に、誰の考えや発言なのかを明確化しておくことです。

何ヶ月か前のことなのですが、「あの時、どんな感じだったっけ?」と思って、1ヶ月、2ヶ月前に書いたノートを確認すると、内容について「自分が思ったことなのか、先生が言ったことなのか、どちらなのか」判然としないケースがありました。よく読めば文脈とか言葉尻で読み取れるのですが、読み取る時間がかかってしまう。

「それはちょっとまずいよね」と思ったので書き方を変えました。詳しくは後で書きますが、まずはノートの見本をご覧ください。

ちなみに上のイメージでは数行程度しか書いていませんが、実際のノートはこれの数倍ぐらいは書いています。あくまでイメージです。

では中身を説明していきます。

文字色で判別する

表題の通りなのですが、フリクションの3色ボールペンを導入しました。赤色と青色と黒色です。

自分の場合下のような役割を各色に振り分けました。

  • 赤色:宿題、進捗関連など事務的な要注意事項
  • 青色:先生の言ったことやアドバイスなどの事項
  • 黒色:自分の考えたことと、表題や日付などの事項

黒色の役割が多い気もしますが、3色を超えて色を使うとカラフルすぎて可読性が落ちると思いますので、要注意です。替えインクを買うのも面倒ですし。

色を使うメリットは、見た瞬間にそれが誰の考え・発言かを把握できる点です。1色だけだと先ほど書いたように時間が経過してから見た時に文脈や言葉尻で判断しなくてはならない事態を招きます。

なぜフリクションボールペンか?

「音楽やってたら筆記用具は鉛筆じゃないの?」という疑問。

ご存知の通り、そもそもこの習慣は「オーケストラの演奏家が使う楽譜は本人が所有している楽譜ではなく、レンタル譜面だから」というのが起源です。

もう少し噛み砕くと「鉛筆は原理的に紙面に染み込まず、物理的には紙の上に半ば浮いていて、消しゴムできれいに消すことができる」ということです。

だから2Bとかそれより柔らかい芯の鉛筆が使われます。(鉛筆でもHとかHBは硬いので紙面に傷を入れる可能性があるので使われない。)

でも、そもそもノートは自己所有ですし、紙面に傷を入れようが入れまいが関係ありません。鉛筆は間違えて指で筆記面を擦ってしまうと滲むという欠点があります。

まあ、消しゴムで消せばいいのですが。

その点フリクションは基本的にはボールペンですので、間違えて指で擦っても鉛筆ほど汚くなりません。また通常のボールペンだと修正は面倒くさいですが、フリクションであれば誤字脱字があっても後で修正も可能です。

なのでかれこれ5年ほどフリクションを使っています。

最初は無理をして書こうとしすぎない。

最初から情報量を多く書けばいいというのは理想論です。人間は不慣れなことを無理やりすると途中で投げ出す生き物です。まずは練習やレッスンの日付と時間を記録するところから始めて、徐々に書くを増やしていく方が長続きします。

まずはぼちぼちやるところから始めてくださいね。

そもそもレッスンノートの意味って?

これについては半年前の記事に少し詳しく書いています。気が向いたら見てあげてください。

ということで今回はレッスンノートの書き方応用編でした。