「モーツァルトチョコレートクリームリキュール」を買ってみた。ミルクと混ぜる割合は?

クリーム系のリキュールの代表格とも言えるのがチョコレートリキュール。特にゴディバやモーツァルトの銘柄が有名ですが、今回はモーツァルトの方を買ってみました。500mlで1,700円ほどでした。なぜか大阪・北新地に出店しているやまやで買ってきました。北新地は高級飲み屋街ということもあって、品揃えは他のやまやよりもよかったですね。梅田の駅からは少し遠いので最近あまり寄っていませんでしたが、時々立ち寄りたいお店です。

モーツァルトはその名の通り、音楽家のモーツァルトに因んだネーミングで、作っている会社はモーツァルトの出身地でもあるオーストリアのザルツブルクに所在しています。

ザルツブルクには一度行ったことがあって、旧市街はこんな感じでした。オーストリアの首都ウィーンから特急で2時間半ほどで到着します。

チョコレートリキュールの飲み方といえば

さて、チョコレートリキュールの飲み方でまず最初に思いつくのはミルク割りですね。さっそく何回かミルクとモーツァルトの比率を変えて作ってみました。写真はちょっと撮影し忘れました。

最初はミルクを多めで作ったのですが、チョコレートの味が消えてしまってあまり良くなかったです。その後数日間毎日ミルクの割合を減らしながら味を見ていったのですが、最終的に、ミルク:モーツァルト=1:1が一番バランスが良さそうです。アルコール度数の方は、瓶に入っている状態で17%とのことですので、ミルクを混ぜると8.5%のアルコール度数になります。しかし、全くアルコールの味はしません。クリーム系のリキュールではよくあることですが、甘いのとミルクの味でアルコール臭が飛んでしまうんですね。ですので、飲み過ぎには注意が必要です。

商品のリンクも貼っておきますね。

シロップとしての使い道も

さて、モーツァルトの使い道としては、お酒として飲む以外に、アルコールの入ったシロップとして使う方法もあります。実際、このリキュールはそういう使い方も想定されていて、添加物として増粘剤が入っています。おすすめの使い方としては定番ですが、バニラアイスクリームにかけて食べるというのが良さそうです。もちろんバニラ以外でもストロベリーとかにも合いそうですね。

カクテルとして飲むときの留意点

先ほど書いた通り、このリキュールには増粘剤が入っています。ですので、ミルクなどと混ぜる際にはスプーンなどでよくかき混ぜてやらないと、グラスの底にモーツァルトが残ってしまいます。もったいないので(笑)よくかき混ぜてください。

製品ラインアップ

なお、このリキュールは今回買ったノーマルのものの他、ブラックチョコレートとホワイトチョコレートの合わせて3種類が販売されています。ストロベリー味も期間限定か何かで出ていたみたいです。Amazonでは購入可能なようですので、気になった方は見てみてくださいね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コストパフォーマンスのいいウイスキーと言えばカティサーク(Cutty Sark)。

ウイスキーはいろいろ銘柄がありますが、個人的にコストパフォーマンスが高いブレンデッドはカティサーク(Cutty Sark)じゃないかなと思います。帆船のマークが目印ですね。なんで、これ帆船なのかというと、カティサークとはもともと紅茶輸送船の名前が由来だからです。

さて、カティサークはスコッチウイスキーですが、その中でもブレンデッドに属します。ブレンデッドとは要するに一つの原酒ではなく、複数の原酒を混ぜて作られるものですね。カティサークは有名どこだとマッカランを原酒に含み、マッカランと同じ地域(スペイサイド)のウイスキーをキーモルトとしているみたいです。個人的にスペイサイド、中でもマッカランはかなり好きな部類のウイスキーなので、私がカティサークを好むのはある意味当然です。

さて、とりあえず割り方ですが、この1,000円ちょっとの価格帯のウイスキーでは定番の炭酸水割り、ハイボールがいいですね。もちろんロックにしてもいいのですが、どうせロックにするならもっと高級なウイスキーでやりたいところです。味の方ですが、ヨード臭がほとんどなく、土の味もそれほどしない、軽いタイプなのでウイスキーを初めて飲む人にも合うと思います。

あと、冬場なんかはお湯割りもおすすめ。お湯割りにすると、香りが立つので良いです。

ちなみに、カティサークの原酒に使われているマッカランは結構お値段が張るので、私は家で飲んだことはありません。店で飲むとおいしいんですよね。

マッカランは当然シングルモルトです。シングルモルトというのは、原酒をブレンドしない、単一の銘柄のみで出荷されているウイスキーを指します。

ウイスキーもいろいろ種類がありますので、時折ご紹介していきたいと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゴードンズ ジン(Gordon’s Gin)で口当たりのいいジントニックを作ってみた!

いつもジントニックを作るときは安いし、まあまあおいしいから、なんとなくビーフィーターを使うことが多かったのですが、先日、ちょっと思うところがあってゴードンズ ジンを買ってみました。

「思うところ」というのは、少し値段の高いお酒を買ってみたくなったのと、他のジンにも興味があって飲んだことのないものを試してみたかったというだけです。今までに飲んだことのあるジンは「ビーフィーター」、「ボンベイサファイア」、「タンカレー」の3種類です。それで、近所のスーパーに行ったら、あまり見かけたことのないジンが売っていました。それが今回の「ゴードンズ」です。

お値段は大体1,700円くらいでした。ビーフィーターが1,000円ちょいくらいなのと比べるとやっぱり高価です。ボンベイサファイアと同じくらいか少し安いくらいでしょうか。タンカレーよりも安いですかね。

ジンの味を確かめるには何はともあれジントニックです。ジントニックはジンだけではなくトニックウォーターも重要です。

よくバーで出されるジントニックのトニックウォーターはウィルキンソンのことが多いですが、私はカナダドライをよく使っています。ウィルキンソンのトニックウォーターは少し味が辛口であまり得意ではないのです。カナダドライは味が甘めに作られているので、甘党の私にはぴったりです。

ということで前置きが長くなりましたが、さっそくゴードンズをカナダドライのトニックウォーターで割って飲んでみました。

結論から言うと、これはおいしい。以上。

以上で終わるのも何なので、やっぱり続きを書きます。ジンに溶け込ませてあるフレーバーのことをボタニカルと言いますが、ボタニカルが穏やかで、スムーズな口当たりです。クセがないのがいいですね。ボンベイサファイアやタンカレーはちょっとボタニカルの個性が出ていて、ともすれば「飲みにくい」という感想が出てくる可能性がありますが、このゴードンズは非常にマイルドです。クセのあまりないカナダドライのトニックウォーターとも相性が良いですね。

また、オレンジジュースで割ってオレンジブロッサムにしてみました。

※オレンジブロッサムは本来ショートタイプのシェーカーでシェイクするものですが、ロングタイプのカクテルとして出されることが多いです。私も家にシェーカーがないのでロングタイプとしてオレンジジュースをたっぷり入れて作っています。

オレンジブロッサムにしてみると、ジントニックの時と同様にクセのない味わい。というか、オレンジジュースの味が完全に勝ってしまいました。オレンジブロッサムにするならビーフィーターの方がおいしいかもしれません。

ということで今回はゴードンズのジンについて書いてみました。お酒のネタもこれから増やしていきますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村