【米国株運用報告 vol.47 2022年4月】評価額が過去最高値に。

市場概況

2022年4月は相場全体として相変わらずボラティリティが高い状態が続き、方向感としては日米ともに下落基調が目立つ月となりました。

また、ドル円の為替レートに関してはほぼ一方的に円安が進み、ドル建て資産を多く持つ人の円建て資産額は増加していると思われます。

ただ2022年4月は個人投資家の株式の投げ売りが進んでいるという見方もあり、相場全体としては悪い雰囲気でした。

いいニュースとしては、この数ヶ月間にわたって市場に恐怖感を与えてきたロシアとウクライナの戦争が市場に与えるインパクトは減少してきており、我々としてはありがたいところです。

ポートフォリオの状況

では、2022年4月末の資産状況です。

3月から保有銘柄に変動はありませんでした。株式の評価額は70,176.67ドル、現金は34.30ドルです。

保有割合は下の通りです。

3月末の資産残高は67,422ドルでしたが、この4月末時点では70,210ドルと2,788ドルほど資産が増加しています。

ただし、この4月は日本円で20万円をドルに両替し、1,550ドルほど元本を追加していますので、実質的な増加額は1,240ドルほどになるかと思います。

円建てで計算しますと、1ドル129円79銭として9,112,556円となり、3月末の8,245,710円と比較して86万円ほど、パーセンテージで表すと10.5%ほど評価額が増加した計算になります。(増加分のうち200,000円は元本を追加した分です。)

投資元本は520万円、利益率は75.2%の計算になりました。

取引状況

2022年4月は買い付けのみ行いました。売却によるキャピタルゲインの確定はゼロです。

買い付けを行ったのは主にペプシコで3月末時点で16株の保有でしたが4月に9株ほど追加購入を行い合計25株になりました。

その他、このところ調子の悪いユニリーバとベライゾンコミュニケーションズについても1~2株ほど購入しています。

受け取り配当の状況

2022年4月はペプシコから8.51ドル、コカコーラから42.31ドル、フィリップモリスから81.32ドル、合計132.14ドルを受け取りました。

受け取り配当は4月に入金した20万円の資金と合わせて主にペプシコの追加買い付けに使われました。

2022年5月の方針

特に方針変更をするつもりはありません。基本方針としては上がっても下がってもホールドです。

現在ペプシコの買い付けを進めているところですので、配当金の入金などで資金に余力が出れば粛々と買い付けていくのみです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

【米国株運用報告 vol.46 2022年3月】ドル建てでは減少。円建てでは増加。

※ 毎月の米国株の運用状況の報告について、表題と構成を変更いたします。

市場概況

2022年3月は、全月24日のロシアによるウクライナ侵攻を受けて非常にボラティリティが激しいものとなりました。しかしながら市場の方向性としては、3月9日あたりを境に株価の急落は落ち着き、逆に株価が回復傾向になりました。

ロシアによるウクライナ侵攻は、ロシアが迅速にキエフを陥落させることができず戦線が膠着してしまい、長期化が予想され、またロシアが軍を削減するという情報も流れていますが、油断させておいて一気にひっくり返すのはロシアの得意技なので、警戒が必要だと思います。

これらの戦乱を受け、原油価格が高騰した上、円安もかなり進みました。我々米国株に投資している者にとって円安は悪いことではないのですが、ここまで急速に円安が進むことは望ましくはありません。

ポートフォリオの状況

では、2022年3月末の資産状況です。

ご覧の9銘柄で構成されています。保有割合は以下の通りです。

米国株の保有割合2022.03

前月末の株式評価額は合計で68,358.81ドルでしたが、今月はその水準から1,000ドル近く下落し67,422ドルとなりました。評価額減少の要因としては、ロシアによるウクライナ侵攻を受けた株価の急落の影響を大きく受けたためです。

なお円建てでは円安がかなり進行したため、評価額は8,245,710円となり、前月より367,726円の増加となっています。投資元本は5,000,000円ですので、利益率は64.91%にもなりました。

取引状況

2022年3月はエクソンモービルが高値水準になり、含み益が60%を超えたため、何回かに分けて売却を進めるなどした結果、111株から93株に減少しました。

一方でユニリーバは株価が暴落したため、株価が下がるたびに機械的に追加購入していった結果、158株から173株に増加しました。

また現在買い進めているペプシコの株数も5株増加し11株から16株になりました。

受け取り配当の状況

2022年3月はエクソンモービルから70.07ドル、ユニリーバから61.37ドルの合計130.65ドルの手取りとなりました。ユニリーバは英国籍企業でニューヨーク市場にはADRとして上場しているため、配当にかかる税率はアメリカではなくイギリスのものが適用されるため、実質的に日本株と同じ20.315%の税率です。

受け取り配当はペプシコの購入や評価額の低い銘柄の買い付けに回します。

2022年4月の方針

まず相場の予想は非常に困難です。しかも今回はウクライナにおける戦役が進行している以上、予想は不可能です。

ですので、実行する方針はただ一つです。基本的に何もしないことです。ただし2022年3月のように特定の銘柄が極端に高騰した場合は利益を確定し、評価額が低い銘柄の追加購入を行います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株参入45か月目のポートフォリオと結果を報告。ロシアのウクライナ侵攻により大損害。

2018年5月末に米国株に参入してから45か月が過ぎました。2022年2月の米国株式相場は、基調として調子が良くなく、さらに月末にはロシアがウクライナへ侵攻するという大事件が発生。全世界の株価が暴落しました。何はともあれ2月末時点の米国株の内訳を見ていきましょう。

  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ +1,476.06ドル
  • コカ・コーラ  +1,968.22ドル
  • アルトリア・グループ  +555.65ドル
  • 【新規】ペプシコ -41.03ドル
  • プロクター&ギャンブル  +2,305.92ドル
  • フィリップ・モリス +2,197.93ドル
  • ユニリーバ -821.47ドル
  • ベライゾン・コミュニケーションズ -408.61ドル
  • エクソンモービル +2,698.90ドル

株式の未確定益は差し引きで+9,930.87ドルとなりました。株式の評価額は68,358.81ドルです。また、現金の残高は8.67ドル、株式と合わせると68,367.48ドルとなり、円建てだと1ドル115.23円として、7,877,984円(前月:7,623,016円)でした。この1か月に入金した額は20万円。投資元本は500万円で、現時点で+2,877,984円、57.56%の利益率です。

残高を円グラフにしてみましょう。

2022年2月は、ペプシコを新たにポートフォリオに迎え入れました。まだ他の銘柄に対する割合は僅かですが、重点的に買い進めていく予定です。他の銘柄に関しては、2月中旬までは非常に成績が良かったのですが、ロシアのウクライナへの侵攻により全てがおじゃんになってしまいました。

また、2月は投資元本を20万円ほど追加しています。

受け取り配当ですが、プロクター&ギャンブルから31.22ドル、ブリティッシュアメリカンタバコから115.34ドル、ベライゾンコミュニケーションズから64.28ドルの合計210.84ドルを受領しました。これらはペプシコなどの銘柄の買い付け資金に回されました。

3月の展望としては、悲観視しています。あり得る損失の程度としては、ロシアのウクライナ侵攻前の資産額に対して、今後数週間で10%、数ヶ月で20~30%の減少を想定しています。また、これらの予想とは別に、最悪の場合、元本割れ状態に突入することも考えておく必要がありそうです。

皆様の幸運を祈っています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株参入44か月目のポートフォリオと結果を報告。市場は暗雲が立ち込めるも。

2018年5月末に米国株に参入してから44か月が過ぎました。2022年1月の米国株式相場はこの数年稀に見る調子の悪さ。一方で私のポートフォリオはかなり堅調でむしろ含み益を積み増す展開に。それでは1月末時点の米国株の内訳を見ていきましょう。

  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ +1,253.77ドル
  • コカ・コーラ  +1,797.57ドル
  • アルトリア・グループ  +557.25ドル
  • プロクター&ギャンブル  +2,537.48ドル
  • フィリップ・モリス +2,278.41ドル
  • ユニリーバ -697.35ドル
  • ベライゾン・コミュニケーションズ -477.63ドル
  • エクソンモービル +2,446.93ドル

株式の未確定益は差し引きで+9,696.25ドルとなりました。株式の評価額は64,053.52ドルです。また、現金の残高は2,147.23ドル、株式と合わせると66,200.75ドルとなり、円建てだと1ドル115.15円として、7,623,016円(前月:8,571,298円)でした。この1か月に出金した額は135万円。投資元本は480万円で、現時点で+2,823,016円、58.81%の利益率です。

残高を円グラフにしてみましょう。

2022年1月は市場全体の地合いはかなり悪い状況でした。一方私のポートフォリオは堅調で、おおむね5%ほどの月利回りが達成できました。年明け早々に、アップルを、月末にジョンソンエンドジョンソンを売却し、合わせて日本円で375,210円の利益確定となりました。また1月は資金需要が非常に高く、これらの利益と株式の売却代金から135万円を出金しました。

受取配当ですが、アルトリア・グループとフィリップモリスから合計184.61ドルを受領しました。

2022年1月は前述の通り、市場全体としてはかなり悪い状況が続きましたが、私のポートフォリオはその中でも結果を残してくれたので随分と助かりました。現在、2,000ドルほど証券口座にドルが残っているので、折を見て新しい銘柄をポートフォリオに迎え入れることも検討していきます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

2021年の米国株、この1年間の運用状況を総括する。

2021年は米国株投資家にとっては最良の年になりました。新型コロナウイルスの感染動向に左右される一面は2020年と変わりませんが、その影響の度合いは減少していったように感じました。米国株の主要指標であるS&P500やダウ平均は前年を上回っての着地となりました。

2020年の資産変動状況

では、2021年の資産の動きについてです。グラフは米国株に参入してからの累計のものになります。

年初の評価額は6,386,000円でした。この時点での累積の利益は含み益を勘定に入れて386,000円でした。その後評価額の増加が停滞し始めた春先まで、評価額は大きく増え、3月末には7,451,709円に到達しました。そして10月まで評価額の上昇率は低下し、11月には少し大きな下げがありましたが、12月に入ると一気に株価が上がり始め、私のポートフォリオもその恩恵を受けた形になりました。

この1年に元本の出金は1,200,000円、入金は750,000円で差し引き450,000円が元本から削減されました。この要因は住宅ローンの支払いと専門学校の学費の捻出のためで、2021年は元本が流出した年となりました。しかし、株価の方も年間を通してみれば絶好調だったので、最終的には資産を大きく増やす結果となりました。

2021年の配当受取状況

次に配当の受け取り状況です。これも米国株に参入してからのグラフになります。

配当に関しては、私が保有する銘柄は基本的に高配当・累進配当株で構成されており、2020年の配当金の受取額合計が1,784.80ドルだったのに対し、2021年は2,195.25ドルとなり、前年比ブラス23.0%の増加となりました。なお、2022年の受け取り配当額の合計は2,400ドルを予想しています。

銘柄別配当利回りについて

保有する銘柄ごとの配当利回りは下の通りです。

ポートフォリオの構成銘柄に関しては、2020年末の時点と比べて、3Mとアマゾンを売却し、代わりにベライゾン・コミュニケーションズとアップルを組み入れました。また、2021年前半はアップルではなく、ブラックロックを組み入れていますが、全て売却し、利益確定させています。

基本的には高配当・累進配当株を保有していますが、アップルは例外的に株式の値上がり益を目論んでの投資となっています。これは短期的な資金需要に対応するための方針です。

2022年の投資方針について

2022年の投資方針としては、日本国内の政治情勢はやや不安感があり、相対的に米国の方が安定的に利益を出せると考えていますので、2021年までと変わらず、高配当・累進配当株からの利益を主眼に置き、一部の例外を除きキャピタルゲイン狙いの投資は行いません。

2022年も配当をたくさんもらえるよう頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株参入43か月目のポートフォリオと結果を報告。ほぼ放置で評価額は過去最高更新。

2018年5月末に米国株に参入してから43か月が過ぎました。2021年12月の米国株式相場は年末に向かうにつれどんどん上昇。それに合わせて米国株の資産評価額も過去最高を更新しました。それでは12月末時点の米国株の内訳を見ていきましょう。

  • アップル +1,531.21ドル
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ +100.77ドル
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン +1,319.81ドル
  • コカ・コーラ  +1,575.69ドル
  • アルトリア・グループ  +19.65ドル
  • プロクター&ギャンブル  +2,709.48ドル
  • フィリップ・モリス +1,666.69ドル
  • ユニリーバ -301.23ドル
  • ベライゾン・コミュニケーションズ -649.83ドル
  • エクソンモービル +787.48ドル

株式の未確定益は差し引きで+8,766.72ドルとなりました。株式の評価額は74,449.30ドルです。また、現金の残高は12.51ドル、株式と合わせると74,461.81ドルとなり、円建てだと1ドル115.11円として、8,571,298円(前月:7,903,291円)でした。この1か月に入金した額は0円。投資額累計は615万円で、現時点で+2,421,298円、39.37%の利益率です。

残高を円グラフにしてみましょう。

2021年12月は新たに元本割れした銘柄はありませんでした。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、アルトリアの元本割れ状態が解消されました。一方ユニリーバ、ベライゾン・コミュニケーションズの含み損は減少しました。

受取配当ですが、ベライゾン・コミュニケーションズ、アップル、プロクター&ギャンブル、ブリティッシュ・アメリカン・タバコから合計188.99ドルを受領しました。これらの資金は各銘柄の追加買付に使われました。また、12月は前月に引き続きアップルを少量ずつ売却していき、その代金でエクソンモービルとアルトリアの買い付けに充てました。

2021年12月は結果的に米国株の評価額が過去最高値を付け、ホクホクの状態で年末を迎えることができました。2022年の相場はどうなるか全くわかりませんが、引き続き資産額を積み増しを狙っていきます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株参入42か月目のポートフォリオと結果を報告。オミクロン株のおかげで資産減少。

2018年5月末に米国株に参入してから42か月が過ぎました。2021年11月の米国株式相場はヨコヨコで推移していましたが、新型コロナウイルスの新変種であるオミクロン株の発生が報じられた月末にかけて大波乱。1年ぶりに資産が減少する結果になりました。それでは11月末時点の米国株の内訳を見ていきましょう。

  • アップル +917.20ドル
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ -462.23ドル
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン +848.53ドル
  • コカ・コーラ  +966.84ドル
  • アルトリア・グループ  -614.00ドル
  • プロクター&ギャンブル  +1,993.48ドル
  • フィリップ・モリス +1,062.35ドル
  • ユニリーバ -444.33ドル
  • ベライゾン・コミュニケーションズ -701.65ドル
  • エクソンモービル +854.32ドル

株式の名目上の損益は差し引きで+4,420.51ドルとなりました。株式の評価額は69,822.30ドルです。また、現金の残高は31.78ドル、株式と合わせると69,854.08ドルとなり、円建てだと1ドル113.14円として、7,903,291円(前月:8,056,770円)でした。この1か月に入金した額は0円。投資額累計は615万円で、現時点で+1,753,291円、28.51%の利益率です。

残高を円グラフにしてみましょう。

2021年11月は新たに元本割れした銘柄はありませんでした。しかしブリティッシュ・アメリカン・タバコ、アルトリア、ユニリーバ、ベライゾン・コミュニケーションズの含み損は引き続き増加しています。加えて円安進行が一服しており、ドル建てでも円建てでも資産が減少しました。

受取配当ですが、ベライゾン・コミュニケーションズ、アップル、プロクター&ギャンブル、ブリティッシュ・アメリカン・タバコから合計202.55ドルを受領しました。これらの資金は各銘柄の追加買付に使われました。また、11月はアップルが新高値を付けたため、値上がりするたびに1株ずつ売却し、エクソンモービルについても引き続き株価が上がるたびに少量ずつ売却しており、それらの資金で評価額の低い銘柄の買い付けに使われました。

2021年11月は円安進行の一服と月末にかけてのオミクロン株の報道の影響で資産は目減りしました。一方で含み損の銘柄については保有株数を追加し、年間に受け取ることのできる配当の金額は約2,400ドルに達しました。12月は市場が安定するといいのですが。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株参入41か月目のポートフォリオと結果を報告。ドル建てでは資産が減少。

2018年5月末に米国株に参入してから41か月が過ぎました。2021年10月の米国株式相場はボラティリティが下がり、比較的堅調に推移しました。それでは10月末時点の米国株の内訳を見ていきましょう。

  • アップル +502.44ドル
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ -354.70ドル
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン +984.92ドル
  • コカ・コーラ  +1,194.68ドル
  • アルトリア・グループ  -507.02ドル
  • プロクター&ギャンブル  +1,688.98ドル
  • フィリップ・モリス +1,644.55ドル
  • ユニリーバ -333.23ドル
  • ベライゾン・コミュニケーションズ -520.02ドル
  • エクソンモービル +1,159.88ドル

株式の名目上の損益は差し引きで+5,460.48ドルとなりました。株式の評価額は70,585.13ドルです。また、現金の残高は32.54ドル、株式と合わせると70,617.67ドルとなり、円建てだと1ドル114.09円として、8,056,770円(前月:7,948,162円)でした。この1か月に入金した額は0円。投資額累計は615万円で、現時点で+1,906,770円、31.00%の利益率です。

残高を円グラフにしましょう。

2021年10月はアルトリア・グループが含み損に転落しました。また、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、ユニリーバ、ベライゾン・コミュニケーションズの含み損も引き続き増加しています。一方で円安が進行しており、ドル建てでの資産は減ったものの、円建てでは過去最高となりました。

受取配当ですが、コカ・コーラ、アルトリア・グループ、フリップ・モリスから合計216.07ドルを受領しました。これらの資金は各銘柄の追加買付に使われました。また、10月はアップルが決算発表直前に急騰したため、一部を売却したほか、評価額が上がり過ぎたエクソンモービルについて株価が上がるたびに少量づつ売却しており、それらの資金で評価額の低い銘柄の買い付けに使われました。

2021年10月は円安の進行によって円建てでの評価額は増えたものの、ドル建てではむしろ減少という結果になりました。とはいえ、各銘柄の評価額がなるべく均等になるように売買を行った結果、先月と比べて銘柄間の格差は減少しました。11月はドル建て資産の回復を祈っています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株参入40か月目のポートフォリオと結果を報告。乱高下の9月相場。

2018年5月末に米国株に参入してから40か月が過ぎました。2021年9月の米国株式相場はボラティリティが非常に高く、不安定な展開となりました。一方でドル円相場は月末にかけて一気に円安に傾き、その影響で円建てでの残高は微増となりました。それでは9月末時点の米国株の内訳を見ていきましょう。

  • アップル +223.27ドル
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ -95.14ドル
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン +1,064.54ドル
  • コカ・コーラ  +796.60ドル
  • アルトリア・グループ  +195.25ドル
  • プロクター&ギャンブル  +1,654.48ドル
  • フィリップ・モリス +2,065.21ドル
  • ユニリーバ -195.05ドル
  • ベライゾン・コミュニケーションズ -332.77ドル
  • エクソンモービル +809.29ドル

今月の株式の名目上の損益は差し引きで+6,185.68ドルとなりました。株式の評価額は71,028.55ドルです。また、現金の残高は0.60ドル、株式と合わせると71,029.15ドルとなり、円建てだと1ドル111円90銭として、7,948,162円(前月:7,936,072円)でした。この1か月に入金した額は0円。投資額累計は615万円で、現時点で+1,798,162円、29.24%の利益率です。

残高を円グラフにしましょう。

2021年9月はブリティッシュ・アメリカン・タバコが含み損に転落しました。また、ユニリーバ、ベライゾン・コミュニケーションズの含み損も引き続き増加しています。9月のボラティリティの高い相場を反映してか全体としては評価額が減っており、先月末と比べて実に1,000ドルほど減少しています。また、原油価格の上昇に合わせてエクソンモービルは含み益を回復させました。

受取配当ですが、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ユニリーバ、エクソンモービルから合計150.19ドルを受領しました。これらの資金は各銘柄の追加買付に使われました。

2021年9月は正直言ってストレスフルな割には全く儲からない月となりました。10月以降はアメリカのクリスマス商戦が本格的に始まりますので、株価の方も上がらないかなと少し期待しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

米国株参入39か月目のポートフォリオと結果を報告。冴えない夏枯れ相場。

2018年5月末に米国株に参入してから39か月が過ぎました。2021年8月の米国株式相場は浮き沈みがある展開となりました。その影響で資産の増加は鈍化しています。それでは8月末時点の米国株の内訳を見ていきましょう。

  • アップル +638.29ドル
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ +147.52ドル
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン +1,404.54ドル
  • コカ・コーラ  +1,197.74ドル
  • アルトリア・グループ  +338.29ドル
  • プロクター&ギャンブル  +1,680.48ドル
  • フィリップ・モリス +2,325.15ドル
  • ユニリーバ -62.81ドル
  • ベライゾン・コミュニケーションズ -298.75ドル
  • エクソンモービル +195.25ドル

今月の株式の名目上の損益は差し引きで+7,565.70ドルとなりました。株式の評価額は72,225.42ドルです。また、現金の残高は6.05ドル、株式と合わせると72,231.47ドルとなり、円建てだと1ドル109円87銭として、7,936,072円(前月:7,730,936円)でした。この1か月に入金した額は150,000円。投資額累計は615万円で、現時点で+1,786,072円、29.04%の利益率です。

残高を円グラフにしてみましょう。

2021年8月はユニリーバが含み損に転落しました。また、ベライゾン・コミュニケーションズの含み損も引き続き増加しています。一方で全体としては評価額が増えており、全体としては特に問題はないように思います。フィリップモリスの株価は相変わらず上昇を続けており、含み益率30%以上を維持しています。プロクター・アンド・ギャンブルも含み益率30%を超えています。また、原油価格の伸び悩みに合わせてエクソンモービルは含み益を半減させました。

受取配当ですが、ベライゾン・コミュニケーションズ、アップル、プロクター・アンド・ギャンブル、ブリティッシュ・アメリカン・タバコから合計199.01ドルを受領しました。これらの資金は追加入金した資金と合わせて各銘柄の買付に使われました。

2021年8月はあまり劇的に儲かった感じは全くせず、先月に引き続きヨコヨコの印象です。9月に入れば市場参加者も戻ってくるでしょうから少しは儲かるといいのですが。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村