M1チップ搭載のMacBook AirでAdobe Lightroomを動かしてみた。

先日、MacBook Airを買い、さっそくIllustratorを使っていましたが、昨日、初めてLightroomを使ってRAWデータの現像を行いましたので、さっそくレビューしてみたいと思います。

処理速度が早すぎて何もかもが異次元

今回は約2500万画素のデジタル一眼レフカメラを使って撮影したデータを扱いました。今どき、もっと高画素数のカメラも多く出ていますが、実用上はこれぐらいで十分なんですよね。それはともかく、この記事はLightroomをMacBook Airで使ってみたというものなので、話を戻しましょう。

以前は、ASUSのWindows端末を使用してLightroomを使っていまして、使うにはまずパソコンを立ち上げて、落ち着いてきたら初めてLightroomを起動し、待つこと数分でようやく使える状態になっていました。なので、パソコンの起動からRAWデータを使い始めるまで、少なくとも5分はかかっていました。

それで、今回MacBook Airを導入したところ、パソコンの起動は1分足らず。Lightroomの軌道も1分足らずで、合計2分も経たずにLightroomの使用が可能になりました。格段の進歩です。

また、Lightroomでは多くのパラメーターを弄るわけですが、それの反映時間がWindowsの時と比べてまったく話にならないくらい早い。とにかく処理速度が早いです。最終的にRAWを現像してJPEGに落とし込むわけですが、同じ作業をするのにかかる時間は半分以下じゃないでしょうか。

M1チップのポテンシャルは高い

なぜここまで早いのかというのは、Appleがさんざん自慢げに宣伝しているM1チップのおかげでしょう。天下のAppleとはいえ、今まではIntelの入ってるパソコンでした。一方、iPhoneやiPadはApple独自開発のAシリーズチップを使っていました。モバイル端末で培った低消費電力・高性能の両立に関するノウハウを注ぎ込んだ結果がこのM1チップというわけです。その優れた性能はApple公式を見ていただければ、どれだけ自信があるのかがよくわかります。

まとめ

写真のRAWデータをAdobe Lightroomで行うという用途に関して、AppleのMacBook Airは必要な能力は十分にあると思います。少なくとも、趣味レベルのライトユーズであれば全くストレスなく処理ができるはずです。同じ価格のWindowのパソコンよりも性能はかなり上だと思います。以前からのAppleユーザーのみならず、Windowsユーザーにもぜひおすすめしたいですね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

香櫨園駅近辺の桜の開花状況

通りすがりに阪神電車の香櫨園駅近くの夙川公園沿いで写真を撮ってきました。ついでに3月24日時点の桜の開花状況もお伝えします。

夙川公園は桜の名所

夙川公園は兵庫県西宮市西部を流れる夙川に沿って南北に非常に細長い公園で、例年多くの花見客でにぎわいます。今年2021年のシーズンは昨年に引き続き公園内での宴会・飲酒は禁止されており、散策のみOKとなっています。最寄り駅は南から阪神夙川駅、JRさくら夙川駅、阪急夙川駅となっています。阪急の夙川駅は特急停車駅となっていますので、阪急が一番便利です。

お花見で禁止されている事項や注意事項は西宮市のホームページもご参考ください。

https://www.nishi.or.jp/kotsu/kankyo/hanatomidori/koenryokuchi/ohanamimanner.html

見ごろは今週末3月27日~28日か。

冒頭に掲載している写真はよく咲いている木を撮っていますので、既に満開に見えますが、実際に今日通りがかった感じでは、木や品種によって開花状況はまちまちですが、いわゆる普通の桜、ソメイヨシノに関しては5分咲くらいと思われます。この先、日中の気温は上がりそうですので、開花も進みそうです。ですので、見ごろは3月27日、28日の土日かなと思われます。ただ、28日の日曜日は雨の予報が出ていますので、天気には注意が必要です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

東京スカイツリーの美しい夜景が見られるホテル【第一ホテル両国】

東京スカイツリーが客室から見えるホテル、ということで今回宿泊してきたのが第一ホテル両国です。このホテルは客室が14階~24階と高い位置にあり、また東京スカイツリーとの間に高い建物がないため、東京スカイツリーを思う存分楽しむことができます。

第一ホテル両国の客室全てから東京スカイツリーが見えるわけではなく、半数弱の部屋は逆の西向きなので、宿泊する際はご注意ください。ホテルの公式ページではスカイツリー側確約プランも用意されている他、各旅行代理店の宿泊プランを要確認です。

客室の方は、正直言ってそこまで充実していません。内装は少し古いですし、水回りも最新のホテルと比べると老朽化している部分があるのは否めません。しかしそれを補って余りある絶景。なかなか惜しいですね。

今回、朝、昼、夕方、晩とその光景を写真に撮ってきました。

なお、東京スカイツリーそのものに興味があって、そちらも行きたい方は、このホテルはあまりおすすめではありません。というのは、このホテルから東京スカイツリーまでは公共交通機関が限られているため、東京スカイツリーの最寄り駅である押上駅/東京スカイツリー駅には乗り換えが発生します。この点はご注意ください。

夜景を撮る際のコツ

高層ホテルの部屋から夜景を撮る場合、ほとんどの場合、窓は嵌め殺しになっていて開けられません。ですので、客室内の照明は全て落とします。そうすることで室内の光源が窓に反射し写りこむすることを防げます。さらに偏向(C-PL)フィルターを使用して室内の写り込みを最小限にします。偏光フィルターは透過する光の向きを整え、反射を除去するだけでなく、霞の除去にも役立ち、コントラストの高い写真を撮影できます。なお、真っ暗な部屋で偏光フィルターを回しても、どこが一番いいポイントなのかわからないので、わざと室内の照明を点けて、最適な位置を決めた上で、照明を落とすといいでしょう。

撮影モードはマニュアルモード(M)を使いますが、不安な場合は絞り優先モード(AV)でも可です。絞りは数値を9~13程度に絞り込みます。それ以下ですとパンフォーカスになりませんし、絞りすぎると今度は光の回折現象によって、ピントがブレます。

また、夜間の撮影は三脚が必須です。ない場合はISO感度を上げる必要が生じますが、偏光フィルターを使っている場合はシャッタースピードが落ちるので、フィルターを外して、可能な限り窓にレンズを近づけて、室内の写り込みを最小限にします。写りこむ物や位置によっては後でフォトショップなどのソフトで消すことが可能ですが、あまりおすすめできません。

アクセス

  • 都営地下鉄両国駅徒歩2分
  • JR両国駅徒歩5分 ※東京駅からの総武快速線は両国駅に止まらないので注意。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

大阪城公園でヒガンバナを探してきました。

先日、地元の植物園でヒガンバナを撮影したのですが、イマイチパッとしないものでした。(下の写真。)

それで、近場にヒガンバナの名所的なものはどこかにないのかなと思って、少しググってみたところ、大阪府内では万博公園が筆頭で、「んな辺鄙なとこに行けるかいな」という感じに。もう少し調べると、どうやら大阪城公園に行けばあるっぽいという情報が。ということで、カメラを持って出かけることにしました。

ちなみに、大阪城公園の地図はこちらです。

今回は、北西端にある天満橋駅から京橋口を目指しました。ついでと言っては何ですが、大阪ビジネスパークの写真も撮影しました。

撮影地は大阪橋です。ここから大阪城天守閣も眺めることができます。

手前に写っている廃墟と化した西洋建築は旧陸軍大阪砲兵工廠跡です。

さて、そこから進んで、外堀を越えて内堀に進みます。肥後石付近で少しだけヒガンバナを見かけましたがスルー。内堀沿いを眺めると、ヒガンバナを発見。

大阪城天守閣と組み合わせて、こんな感じになりました。この写真はオリンパスE-PL8で撮影しました。

そこから極楽橋を渡って天守閣へと進みます。

天守閣周辺は、ヒガンバナはほとんど見かけずでした。唯一、白いヒガンバナが天守閣正面の広場で咲いているくらいでした。

桜門から本丸を出て、市民の森へ向かいましたが、こちらもちらほらと赤いヒガンバナを見かける程度でほとんど咲いていませんでした。ついていません。仕方がないので、西の丸庭園を覗くことにしました。

西の丸庭園入り口にはヒガンバナの群生があるという情報を得ていたのですが、2020年は大外れの年だったようです。ほとんど咲いていませんでした。唯一と言ってもいいくらいに咲いていたのはこちらの紅白のヒガンバナです。

正直、大阪城公園まで行くことはなかったかもしれないというくらいに不作でした。残念。例年はもっと咲いているらしいですが。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

中秋の名月を手持ちで撮影!

昨日は中秋の名月、いわゆる十五夜でした。普段あまり天体の撮影はしないのですが、満月は以前にトライしたことがあったのと、かなり明るいので手持ち撮影でも撮影が可能なことを知っていたので、撮影することにしました。

関西地方の天候は快晴で、大気の揺らぎもなく非常にいい撮影環境でした。それで撮ったのがアイキャッチの写真です。

撮影情報を書いておきますと、

  • 焦点距離 300mm
  • ISO感度 200
  • 絞り f/10
  • シャッタースピード 1/500

といった感じです。月は夜空の中では非常に明るい被写体ですので、絞りをある程度絞って、シャッタースピードもなるべく速くしておくのがコツですね。手持ち撮影でもある程度は撮影が可能です。カメラのモードはマニュアルモード一択です。他の絞り優先モードやシャッタースピード優先モードでは月と背景の夜空の明るさの差が非常に大きいことから、適切な露出をカメラが判断するのは難しいからです。

また、焦点距離が長くなればなるほど手ブレが大きくなり、概ね焦点距離と同じシャッタースピードまでが手持ち撮影の限界と言われます。(例えば焦点距離が100mmならシャッタースピードは1/100が限界)特にレンズが望遠の領域であれば、三脚を使うことが原則になります。が、三脚を出すのが面倒くさいということもあって、今回は手持ち撮影になりました。

なお、RAW現像はAdobe Lightroomを使って、かなり補正を行っています。具体的には、かすみの除去、ハイライトの調整、露出調整などです。たぶん、何も補正をかけていない状態の元データを現像するだけでは、この写真は撮れないでしょう。

さて、季節は秋になってきました。ついこの前まで残暑が厳しかったのがウソのようですね。皆様も体調管理には十分ご留意ください。そういえばアメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したそうですが…いやはや。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

カメラ付きリニアPCMレコーダー ZOOM Q2HDの感想

このリニアPCMレコーダーは2012年に発売され、現在では製造は終了していますが、中古品は8000円前後の価格で取引されている品物になります。今はこの機種から2世代ほど下ったQ2n-4Kが後継機種ですが、こちらは実売価格で2.5万円ほどするうえに品薄状態が継続しています。

デザインが古い…が、機能は十分。

確かにデザイン性という面から見るとやや古い印象を受けますね。この製品の見た目の特徴としては球形のマイクです。このマイクは中に恐らく2つのコンデンサーマイクが仕込まれており、ステレオ録音が可能で、指向性を30度~150度の幅で設定できることが魅力です。

録画の画質はフルHD対応で、録音は非圧縮の量子化ビット数が16/24ビット、サンプリング周波数44.1/48/96kHzのハイレゾ録音が可能です。

機能面から言えば、現在の動画配信の基準でも特に問題はありません。私が使うことを想定しているYouTubeではフルHDがメジャーで、4Kの画質は求められてはいないので。

意外と使えるのがアナログ録音調整

私はいままでPCMレコーダーと言えばTASCAM製をメインに使ってきており、録音レベル調整はデジタルでした。しかし、ZOOMはQ2HDに限らず、録音レベル調整をアナログのダイヤル式を採用しています。これが案外いいかもしれません。確かに、細かい設定はTASCAMの方がいいかもしれませんが、録音レベルは事後にある程度操作できる環境があるので、それほど問題ではありません。

音質と画質

気になるのは音質と画質だと思います。音質に関しては録音機器を多く出しているメーカーだけあって、いいのですが、画質に関しては特別いいわけではありません。とはいえ、使い物にならないかと言われればそうでもありません。例えばYouTubeで配信する程度のことであれば問題ありませんし、どうしても高画質で録りたければ、動画をデジタル一眼カメラの動画機能を使い、リニアPCMレコーダーで別途録音して後でミックスダウンする方法があります。面倒くさいですが。

電池寿命が短いのが短所

気になったのは電池寿命の短さです。アルカリ単3電池2本なのですが、2時間も持ちません。このことはQ2HDの購入前から把握はしていたのですが、実際の感覚で言うとあまりにも電池寿命が短いと感じました。電池を使用せずにUSB給電機能を使って、外部電源での駆動をおすすめします。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

オリンパスのデジタル一眼カメラ E-PL8 の基本情報とレビュー

先日、その見た目に一目ぼれして中古ですが購入したのがオリンパスのE-PL8です。丸みを帯びたボディに革のグリップが何とも言えない魅力を醸し出しています。このレトロでかわいい見た目で女性にも人気が高いそうです。私は男性ですが、このカメラを使って女子力アップといきたいところです(アホかw)。

で、一応、写真を売っていたりする身ですので、その基本情報などについて、少し書いていきます。

基本情報

  • 画素数:1605万画素
  • 画像記録サイズ:4608 x 3456
  • 記録媒体:SDカード
  • マウント:マイクロフォーサーズ
  • モニター:3.0型可動式
  • 内蔵フラッシュ:なし(付属品を外付け)
  • ボディサイズ:117.1mm(W) x 68.3mm(H) x 38.4mm(D)
  • 質量:約374g(バッテリー、メモリカード含む)

ギャラリー

何はともあれ、撮影した写真をご覧ください。

これらは全てE-PL8で撮影したものです。(レンズはオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro)上位のデジタル一眼レフカメラと比べても遜色のない写真が撮れました。

なお、撮影した画像はRAWで保存し、 Lightroom で現像を行いました。カメラ任せの現像でもいいのですが、細かく補正していこうとすると Lightroom などの現像ソフトが必須ですね。

使い勝手について

私は以前からオリンパスの新PENシリーズの初代E-P1をサブで使ってきましたので、大体似たような操作性で、使い方にはあまり困りませんでした。大きさもさほど変わらずほとんど違和感なく導入が済みました。

これまで、直接ファインダーで被写体を捉えることができないデジタル一眼カメラは、特にマクロ領域においてピントを合わせることが難しいと考えていましたが、オートフォーカスの性能が想像以上に良好で、マクロ撮影でも大きなストレスなく、撮影に集中できました。(ただし、やっぱりファインダーとマニュアルフォーカスでやるほうが正確なピント決めはできますが。)

長所と短所

長所としてはフィルム時代のコンパクトカメラよりもさらに小さいサイズで、取り回しが非常に楽にもかかわらず、大型のデジタル一眼レフカメラに近い画質で撮影ができる点が挙げられます。

逆に短所というと特に心当たりがないんですよね。メインで使っているニコンD750と比べれば、確かにやや画質は劣るかもしれませんが、それはさほど大きな問題ではありません。むしろ、このサイズ感でこの性能であれば全く問題がないうえに、中古で買ったということもあり、非常にリーズナブルな機種だと感じました。

オリンパスから発売されている後継機種

残念ながらE-PL8は生産が終了しています。後継機種としてE-PL9、E-PL10が販売されている状況です。

新しい分、性能面などではE-PL9よりは優れているのでしょうが、見た目がイマイチですね。

なお、アマゾンでは、まだE-PL8の取り扱いがあるようです。

この見た目に魅了された方はぜひポチっとしてください(笑)。

あと、サンプル写真で使ったレンズはこちらです。

このマクロレンズは、明るさこそF/3.5とマクロレンズとしては暗いものの、オートフォーカスの精度がよく、ストレスフリーなレンズでした。これでF値が2.8まであったら非常に優秀だったのですが。

まとめ

  • E-PL8 は見た目だけでなく、性能面でも好印象
  • マクロも普通に撮影できる
  • オートフォーカスの精度が良い
  • 残念ながら製造終了品
  • 後継機種はE-PL9、E-PL10が生産されている

いかがでしたでしょうか?このE-PL8は非常に気に入っているので、しばらくこれを使ってマクロ撮影を楽しみたいと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゲーテ・インスティトゥートでドイツ語入門講座を受けてみました。

「クラシックの作曲家ってドイツ人が多いよね。」という理由と、「フランス語とスペイン語といったロマンス諸語はかじったことがあるけど、ゲルマン諸語はやったことがないよね。」、それに去年にオーストリアに行ったのですが、現地語にも興味が湧いた、ということでドイツ語の入門講座を受けることにしました。

ねえ、それ「入門」か?

「入門」と言えば、ドイツ語のアルファベットの読み方から始まるのかな~と思っていたら大間違い。読める前提です。ついでにドイツ語特有のエスツェット(ß)やウムラウト(Ä, Ö, Ü)の知識もある前提…。ま、ドイツ語をやろうと思うのだったら「さすがに知ってるっしょ💦」とは思いますけど。

それでも「入門」という割には少々難しいかもしれません。

教授言語

さて、ゲーテ・インスティトゥートの講座の特徴は教授言語が基本的にドイツ語のみという点。最初は何を言っているのかわかりませんが、だんだん耳が慣れてくるとわかってくるようになります。でも、聞き取れるけど、返事に窮することは多々ありました。歳のせいかもですが(笑)。

講座の形式

講座は通常、対面授業の形態を採るそうですが、新型コロナウイルスの関係でオンライン会議システムのZOOMを使った形でした。まぁ、おかげで東京で行われる授業を地方で受けることができたのですが。

これは、意外といいですよ。眠くならないから。冗談みたいですが、寝る余裕すらありません。小グループに分かれて演習をやるときは、グループごとにセッションが分割される仕組みで、よくできています。

テキスト

テキストはこちらでした。

「Erste Schritte」というテキストで、全部ドイツ語。当たり前ですが。納期の関係で、所定の書店で買いましたが、アマゾンで買っても問題ないと思います。

検討した他の講座について

一応、他に何を検討したかというと、ベルリッツは検討しました。が、初期費用が高すぎるので見送りとなりました。ベルリッツはマンツーマン形式ですので、それはそれで効果が高いとは思いますが。なにせ費用が…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

【超簡単!】WordPressで404エラーをとにかくホームページにリダイレクトさせるプラグイン

タイトルのまんまですが、『All 404 Redirect to Homepage』というプラグインを使えば一発で解決です。

やり方は、このプラグインをインストールして、有効化するだけ。

簡単です。

あえて404エラーを表示させたい場合は、設定→All 404Redirect to Homepage から「404 Redirection Status」を「Disable」に変更します。

細かい設定をする必要がある方は『Redirection』というプラグインを使うようですが、設定がややこしそうなので、使うのは断念しました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

過去1年間にPIXTAで売れた写真

かれこれ10年ほど前からPIXTAに写真を投稿しては「売れないかなー???」と淡い期待を持っていましたが、この1年は比較的よく売れました。と言っても、合計で15枚ですがw とはいえ、素人が撮った写真でも売れるものですね。金銭的には全く元が取れていませんが、過去1年間に売れた写真を並べてみましたので、よろしければご覧ください。

1枚目。オーストラリア・ゴールドコーストにて。

2枚目。三重・赤目四十八滝の荷担滝。

3枚目。三重・赤目四十八滝の琵琶滝。

4枚目。ハイビスカスの花です。

5枚目。京阪電車の交野線にて。昔のカラーリングです。

6枚目。白バラの写真です。5月から6月にかけてはバラの季節です。

7枚目。ハンガリー・エステルゴム大聖堂からのドナウ川の眺め

8枚目。ドナウ川越しに見るハンガリー・エステルゴム大聖堂

9枚目。サボテンの花。意外ときれいな花を咲かせます。

10枚目。バイオリンです。スクロール側から撮っています。

11枚目。引き続きバイオリン。次の写真と背景は同じなのですが、色味が異なります。

12枚目。バイオリン。少し引き気味に。

13枚目。正直これが売れるとは思わなかった写真です。バイオリンと私。

14枚目。夜の大阪・天神橋。長時間露光で、遊覧船のイルミネーションを流してみました。

15枚目。東京の夕景。池袋から新宿方面です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。PIXTA で販売していますので、お買い上げいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村