Grieg: Peer Gynt Suites; Holberg Suites; Piano Concerto

グリーグを聴いてみたいと思ったらまずはこの1枚でしょう。 ペールギュント組曲、ホルベルク組曲(ホルベアの時代から)、ピアノ協奏曲、抒情小曲集など、グリーグの主だった曲が揃っています。演奏者も定番のもので、まず間違いのない …

「バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」ヘンリク・シェリング

バイオリニストなら一度は全曲録音をしたいと言われるバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」。私は何枚か全曲集を持っていますが、その中でも最も最初に購入したのがこれです。 録音は1950年代のモノラルです …

「The Symphonies Sibelius」サンフランシスコ交響楽団

ヘルベルト・ブロムシュテットとサンフランシスコ交響楽団によるシベリウスの交響曲全集です。日本ではブロムシュテットはNHK交響楽団で定期的に振りに来る指揮者としてよく知られてきます。まぁ、そろそろ歳も歳だし、無理しないで欲 …

「N響85周年記念シリーズ:モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番、22番、ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 他」NHK交響楽団

先日、演奏活動からの引退を表明したウラディーミル・アシュケナージがNHK交響楽団を弾き振りしたモーツァルトのピアノ協奏曲21番、22番とショスタコーヴィチの交響曲第5番のカップリングです。 モーツァルトとショスタコーヴィ …

「ヘンデル:ヴァイオリンソナタ集」寺神戸亮

私が持っているCDをご紹介するシリーズ、今回は寺神戸亮さんのCDをご紹介します。 寺神戸亮さんは古楽器のスペシャリストともいえるバイオリニストで、多くのバロック期や古典派の録音をリリースしています。私が持っているのはその …