俺、涼しい室内で熱中症を発症したらしい。

熱中症は屋内でも発症する可能性があるとの話は有名ですが、高齢者のように体が弱ってきている人の話だと思っていました。

私は30代中盤。屋外で熱中症になることはありえても、エアコンの効いた涼しい室内で熱中症を発症するなんて思ってもみませんでした。

私の出た症状は下の通りです。

  • 目の痛み
  • 首肩の痛み
  • 頭痛
  • 眠気
  • 判断思考能力の低下
  • 無発汗

私の場合、さまざまな事情で上記の症状は個別にはよく起きるものですし、この中からいくつかの症状が同時に起きることはよくあるので、熱中症とは思いませんでした。

ただ、このような症状は、気温が上昇する昼間に強く、夜間に和らぐ点には薄々熱中症かもしれないと思い始めました。

加えて、決定打となったのは普段経験したことのない無発汗という現象です。もともと汗の分泌は活発な方なので、変だなと思い、ここで初めて熱中症だと判断しました。

熱中症は基本的に体内の塩分量とその濃度が低くなりすぎることで起きるらしいです。その際に起きる症状が先ほどのリストに挙がっているものとかなり類似していたからです。

対応として、経口補水液はなかったので、塩を舐めた上で水を飲みました。すると数分後に大量の汗が吹き出し、前後して各所の痛みは落ち着きを取り戻しました。

このような話を内科ではないですが、別件で診察してもらった医者に伝えると、「それは熱中症やね」って。

そういうことなので、みなさん熱中症にはご注意を。

Published by