さて、気がつけば9月も終わりに近づいてきました。すでに本番まであと1ヶ月を切り、さすがにお尻に火がついてきたところです。

出だしの音量

今まで、何度も録音してきましたが、全体的に出だしの音量が大きすぎる気がしました。冒頭Tuttiの部分はピアノ伴奏がピアノなので(なんか紛らわしい。)バイオリンが爆音で入るとちょっと具合が悪い感じです。ちなみにバイオリン譜の方はドルチェとしか書いていないんですが。空気を読んでバイオリンもピアノで入ることにします。

音程…

音程に関しては…お察し…なんですが、ちょっとかなり粗が目立つような気がします。前よりはマシですが。

とりあえず録音という技術が世の中にありますので、何度も繰り返し聴きながら音程の悪い部分を洗っていく必要があります。しかし、録音技術がなかった時代は自分の音の音程をどうやって修正していたんでしょう。

特に最後の方の高いポジションのDの音とかEの音、それと最高音のG#の音が要注意。というか外れているのが弾いていてわかるレベルなので、そこは直さないと。

スコアを読め。

本当に前々からわかってはいたんですが、スコアをまだちゃんと読めていません。確かに流し読みはしていたんですが、パート譜に書いていない強弱記号とかが随所にあるので。特にバイオリンが全休符の小節に書いてある記号は飛んでしまっているので、それがどこまで継承されているのか、はたまた継承されていないのかはちゃんと読む必要があります。

わかっていたけど、先送りにしてしまっているんですよね。早く読まないと。いやマジで。

録画しておきました。

いつも顔は出していませんが、もう消すのが面倒になってきたので出しちゃっています。

なお、録画と録音は別々なので、若干ズレがあるかもしれません。突き詰めるほどの気力が出ませんでした。すみません。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村