とりあえず最後まで楽譜を読みました。弾けるかは全く別次元の問題ですが。

楽譜を読んでいて思ったんですが、モーツァルトは作曲スピードが驚異的に早いので、適当に作曲しているというイメージがありますが、まぁ、ソナタ形式をがっつり適用させています。例えば最初の主題を再現部では2オクターブ下げて再現したり、別の主題は5度下げて再現させたりという具合です。

そんなことは読めるのですが、弾くとなると話は別です。とりあえず、提示部は譜読みが終わっているのですが、展開部はある程度弾けるくらいのレベル、再現部はまだこれからといった感じです。グダグダ過ぎて録音するのも嫌ですね。本当に。

次回のレッスンまでに最後まで読んでくるのが宿題ですので、引き続き譜読みを進めます。本番も日程が決まっているので間に合わせないと。本番までレッスンは9回しかないんですよね、やばいやばい。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村