今、譜読みを進めている曲の楽譜の中で、なんの前触れもなく2da Cordaと言う文言が書かれていました。これです。

なんとなく、意味はわかっているんですが、その意味を知りたくない欲求が出てきます。なぜなら、弾こうと思ったらファーストポジションで弾けないこともないからです。多分、何も記号で指示がなければファーストポジションで弾いてしまうところです。

では、この記号は何を意味するのかを調べてみることにしました。2daと言うのは恐らく「2番目」と言う意味でしょう。と言うことは、第2弦かセカンドポジションの意味のどちらかです。音楽用語といえばイタリア語が基本ですから、イタリア語の序数を調べてみます。

序数イタリア語
1primo
2secondo
3terzo
4qualto

あれ?語尾がdaで終わってないぞ?

と思ったら、イタリア語の序数はそれに付く単語によって男性形と女性形に変化するとのこと。女性形の場合、-oは-aになります。

そこで、「Corda」の意味を調べたところ、「弦」と言う意味で、女性名詞でした。それに引きずられて序数も女性形になっているみたいです。ここまで書いたらみなさんもお気づきでしょう。「2da Corda」は「第2弦で」すなわち「A線で」と言う意味です。同じ意味を表すのに「Sur A」という書き方もありますね。また、場合によっては「2a Corda」や「2° Corda」などと書かれる場合もあるようです。

では、他の弦はどうかというと、E線を指定する場合は、「1ma Corda」、D線は「3za Corda」、G線は「4ta Corda」となるかと思います。まとめると以下の通りです。

意味(VNの場合)表記1表記2表記3表記4表記5
E線で弾くSur E1ma Corda1a Corda1° CordaI
A線で弾くSur A2da Corda2a Corda2° CordaII
D線で弾くSur D3za Corda3a Corda3° Corda
G線で弾くSurG4ta Corda4a Corda4° Corda

以上になります。ご参考いただければ幸いです。

さて、次回のブログのネタは今まさに譜読み中のモーツァルトのアダージョK.261の譜読み結果をお伝えできればと思います。お楽しみに。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村